小型船舶免許の種類による違いとは

小型の漁船の操縦やモーターボートや水上オートバイに乗りたい場合、「小型船舶免許」が必要です。なお、この小型船舶免許の正式名は平成15年6月以降「小型船舶操縦士免許」となっています。ただ、それ以前の名前であった「小型船舶免許」が今なお一般的に使われる傾向にあります。そんな小型船舶免許には、大きく分けて3種類があります。

それぞれで航行できる場所や操縦できる乗り物が変わってくる点には注意が必要です。このうち海岸から5海里を超えてた外洋で制限なく操縦できるのが「一級小型船舶操縦士」です。基本的に制限はないものの、一級であっても沿海区域の外側80海里より遠い場所については制限が設けられています。また、一級より取得しやすい「二級小型船舶操縦士」があれば、海岸から5海里までの海域を操縦です。

ただ、18際未満に関してはボートは5トン未満までしか操縦できません。さらに、二級小型船舶免許には湖川小出力限定のものがあり、こちらの場合海域は一部で湖や川の渡航に限定されています。加えて、操縦できるボートも5頓未満エンジン出力15キロワットに限定されています。一方で、より簡単に取得できる「特殊小型船舶操縦士」を取ると、水上バイクや水上オートバイの操縦が可能ですが、操縦できる範囲については湖岸や海岸から2海里までです。

自分が何をしたいかにあった「小型船舶操縦士免許」を取得して、マリンライフをより充実したものにしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です