小型船舶免許は最短コースで取得しましょう

夏の海やマリンスポーツを楽しむならボート免許が必要となります。しかし免許をとるための長い休みが取れない、という方は最短コースで小型船舶免許を取得しましょう。最短3日で取得することが出来るスクールもありますので、そちらを利用してみてはいかがでしょうか。3日間の日程としては、1日目の前半に学科講習を行い、船舶の心得や交通方法、運航一般などを勉強します。

後半には実技教習を行い、出航前点検やロープ結索、直進の仕方や人命救助などの船舶実習を進めていきます。2日目は学科と実技の試験を実施し、それぞれ約3時間程度行う流れとなっています。無事合格となりますと、3日目に小型船舶免許の交付が行われます。小型船舶免許には様々な種類があり、それぞれコースも変わってきますので確認してみてはいかがでしょうか。

どれも2日~3日で取得出来るものばかりですので、前々から取得を考えていた方にはお勧めです。感染症対策として屋内よりも屋外でのレジャーをお考えの方も多くなります。小型船舶免許を取得しておくと、海でのスポーツやレジャーの幅が広がりますので、是非この機会に取得してみてはいかがでしょうか。実際に教えてくれるのは元船長などの海を熟知した方々ばかりですので、安心して受講が出来ます。

プロの方々が丁寧に理解するまで教えてくれますので、しっかりと納得して受講することが出来るでしょう。講習後にすぐ試験を受けることで合格率がアップしますので、是非最短コースでの受験をお勧めします。小型船舶免許のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です