小型船舶免許の学科で何を学ぶのか

小型船舶免許の取得には、実技試験だけではなく学科試験も突破する必要があります。学科試験は面倒と感じる方もいるかもしれませんが、海上などでの交通ルールを把握し、安全に運航するためにも必要な知識です。比較的合格率も高い試験となっているので、基本的な知識を押さえて、問題なく対応できるようにしましょう。実際に小型船舶免許の学科で学ぶ内容の1つが、心得と遵守事項です。

小型船舶の船長を目指す場合、押さえておかなければならない基本的なルールやマナーが存在しています。それらの知識を学科でしっかりと学ぶことが、小型船舶を操縦するための第一歩です。そして自動車を運転した経験があるので、海上や河川での交通ルールも問題ないと考えている方もいるかもしれません。ですが海上や河川の交通ルールは、地上のものとは異なります。

港則法や海上衝突予防法など水の上の交通ルールを押さえて、安全に操縦できるようにしましょう。また小型船舶免許の取得に向けて、船を安全に運航するために必要な知識を身に着ける必要があります。そして小型船舶といっても、取得できる免許の種類には、特殊・二級・一級の3種類が存在していて、それぞれ操縦できる船舶が異なります。操縦できる船舶が異なるため、それぞれの船舶に合わせた知識について学ぶ必要も出てきます。

講習所などで学科対策をする場合、講師の方に不明な点を質問しながら学習できます。試験突破のためだけではなく、安全な運航に必要な知識なので、しっかりと身に着けることが大切です。小型船舶免許のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です