小型船舶免許は利用する範囲が重要

小型船舶免許を取得する場合には、利用する範囲を決めることが大切です。免許の種類はいくつかありますが、基本的にその分類は船舶を操縦する場所によって分かれており、これを事前に決めておかないと自分が目的とする場所で利用することができません。小型船舶免許を取得する目的はそれぞれ異なり、例えば釣りを楽しみたいと言う人の場合には岸から比較的近い範囲で利用したいと言うことが多いものです。このような場合には2級小型船舶免許を取得することが最も良い方法であり、様々な目的で利用することができるのが特徴です。

ただしこの小型船舶免許では海岸から5海里以内での航行と制限されているため、この範囲で利用することが定められているため注意をしなければなりません。小型船舶免許はその特性上、スクールで学科と実技を受講することが必要となり、この所定の内容を受講することによって免許が取得できるのが特徴です。自動車の運転免許と同じように、学科と実技の試験を受け合格することで免許を取得する方法もありますが、特に実技の習得はスクールに通う以外にその方法がなく、自分自身で編集する事はほとんど不可能であるため、スクールに通うことがほぼ必須となります。最近では様々なスクールが開設されており、短期間で取得することが出来るのも特徴です。

ただしこれらのスクールでも、免許の種類によってその内容が分かれているため、あらかじめ自分が利用する範囲を明確にし、これに合った内容を受講することが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です