自分に合った流れで小型船舶免許の取得をめざそう

実際に小型船舶免許を取得したいと考えているなら、最初にどのような流れにするか決めることが大切です。国家試験の受験が必要な資格のため、試験を突破するための対策が必要です。個人で勉強して国家試験対策を行うという選択肢も存在していますが、学科面の対策は十分に行えても、実技面では指導を受けないと十分なスキルが身につかないため国家試験の対策をするのは難しくなっています。個人で対策するのが難しいことから、小型船舶免許の取得を目指す場合には、教習所に通うもしくはスクールに通うというケースが多くなっています。

教習所の場合には、学科や実技の講習を受けたうえで、最終的に修了試験を受けます。この修了試験は国家試験と同様の内容になっていて、合格することで国家試験が免除されるというメリットがあります。一方の免許スクールは、小型船舶免許の取得のために必要な内容を学習できます。講習日程や料金はスクールごとに違いがあるため、内容を比較してどのような環境が適しているのか検討しましょう。

また免許の取得に向けて注意が必要な点の1つが、取得を目指す免許の種類によって講習の時間などが異なるという点です。例えば一級と二級だと操縦が可能な船舶が異なるので、どのような船舶を操縦したいか考えたうえで、取得する免許を決めましょう。利用する教習所やスクールによっては、小型船舶免許のための実技の予約が取りにくい場合もあるため、余裕を持ってスケジュールを考えていくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です