特殊小型船舶免許を取得してのれるようになるもの

小型船舶免許は大きく分けると1級2級の小型船舶免許と、特殊小型船舶免許に分けられます。まず1級2級とつく方は、小型船舶の操縦が出来る免許で、この1級と2級の違いは航行区間の違いです。1級の方が試験難易度上がり範囲も少し広くなりますので、その分遠くまで行けるようになります。近場の海でクルージングをしたり海釣りをする程度であれば、2級の方でも全然問題は無いでしょう。

1級の場合は4日間で2級の場合は2日間で取得出来ます。どちらも基本的には教習所に通う事になりますが、その際国から認定を受けている教習所ですと特典もあります。というのは実技も学科も一定の講習を受けていると、国家試験が免除となる点です。これは非常に大きいですし、要は教習をきちんと受けていれば免許がもらえると考えられますしお勧めです。

学科を自分で勉強して、実技はスクールに通って講習を受けて国家試験という流れもありますので、費用を抑えたい時にはそちらを選ぶというのも選択肢です。ちなみに特殊小型船舶免許は水上バイクの免許です。この免許を取得すれば、水上バイクの操縦をすることが出来るようになります。水上バイクは購入しなくてもレンタルで乗ることも出来ますし、観光スポットなどでしたら手ぶらで行けて便利です。

所有するとなると、メンテナンスもそうですし停泊料金もかかってきますので、コストの事を考えるとレンタルを利用するというのもお勧めでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です