小型船舶免許を取得するメリットとは

小型船舶免許とは、総トン数20t未満の小型船舶を操縦するための免許です。自動車の運転免許と同じように乗り物の操縦資格のひとつで、他の国家資格と同じように公的機関により発行された証明書です。そのため、小型船を操縦しなくても普段の生活で本人確認書類として利用できるというメリットがあります。小型船舶免許の正式名称は「小型船舶操縦免許証」といい、プラスチック製のカードに顔写真やその他の事項がプリントされています。

免許証には自動車の運転免許と同じように、本人の顔写真、名前、誕生日、本籍地、現住所などが記載されています。一番右下には国土交通大臣の印が印刷されているので、公文書のひとつです。名前と住所が記されていることから、自動車の運転免許証と同じように本人確認書類として有効です。小型船舶免許は日本船籍の船舶を操縦する場合に限り海外でも有効で、英語で(PermitofBoatOpereror)と印刷されています。

免許証はパスポートと同様に海外でも効力を持つことから、外国に滞在していたりオンライン上で海外の金融機関のサービスなどを利用するようなシーンでも、本人確認書類に使用できるという強みがあります。日本人が海外の金融機関や他のインフラサービスの契約をする際に、パスポートに加えて本人確認ができる書類の提示が求められるシーンが少なくありません。このような場合に、日本で取得した小型船舶免許を持っていればスムーズに手続きができるでしょう。小型船舶免許は船舶教習所で5日間程度の教習を受講して学校を卒業すると簡単に取得できるので、普通自動車の運転免許の教習期間(2週間かそれ以上)と比較して短期間かつ少ない費用で済みます。

自動車の運手免許をお持ちでない方は、国際的な身分証明書である「小型船舶操縦免許証」を取得しておくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です