小型船舶免許の取り方を教えて下さい

小型船舶免許は正式名称を「小型船舶操縦士免許」といって、1級は満18歳で2級以下でしたら16歳になったら教習所に入る事が出来ます。教習所の課程を終えたら、後は本番試験の実技と学科と健康診断をパスすれば免許保有者として認められます。動力がついたヨットやボートを動かす際に、小型船舶免許は必要となり、基本的には24m未満の大型バス2台ほどのプレジャーボートを操船する為の物と覚えておくと齟齬がありません。1級は岸からの距離が無制限に動かせる免許であり、2級は5海里以内で、水上バイク用の特殊船舶免許は2海里以内で他には湖川限定出力の2級があったりします。

車等の時は、排気量や大きさが区分け根拠となりましたが、小型船舶免許の場合は海で船を運用する事になる関係上、やはり遭難の事を考えないといけません。外海と内海の難しさ等、操船難度も上に行くほど拡大しますので、一般的にマリンスポーツを楽しみたいという様な人は「海の一般免許」と言われる2級で手を打つ事が多いです。ちなみに例えば1級や2級を持っていれば、水上バイクも動かせるという様な事はありません。海の場合は、車と原付の関係の様に他の免許で代用出来るという事はありませんので、動かしたい時には必ず免許を別に取る事となります。

全体的な難度としては車の後塵を拝しすれども、地域によっては高校生や大学生で1~2級免許を持っている様な人もいますので、一般的な乗り物免許の範囲内程度に収まると思って下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です