船好きは小型船舶免許に挑戦を!

人生長く生きていれば、一度や二度はっ船に乗る機会があるものです。観光地で遊覧船に乗って風光明媚な景色を鑑賞したり、海釣りに誘われて船に乗ることもあるでしょう。さらには観光客船で日本を一周もしくは世界を一種したことがある人も居るかもしれません。ずれにしても、飛行機や電車よりも、ゆったりと海上を旅できるのが魅力であり、船に乗ることは非日常を体験するのにうってつけであるのは言うまでもありません。

あらゆる種類の船に乗ってみて、船の魅力に取りつかれる人も少なくないでしょう。そういう方は、自分自身で船を操縦してみるといったことにチャレンジすることをお勧めします。なお一層人生が充実したものになること間違いありません。例えば小型船舶免許を取得することに挑戦してみるのも良いのです。

小型船舶免許はほかの船舶免許よりも難易度も低く、比較的簡単に誰もが取得できてしまう船舶免許なんです。具体的には、自動車教習所にような認可された学校に通い、所定の学科と実技を受けるんです。すると国家試験免除で小型船舶免許が付与されるようになるのです。1級であると学科は24時間に実技が4時間、2級では学科12時間に実技4時間、特殊に至っては、学科6時間と実技1.5時間という非常に短い時間で免許が付与されることになるんです。

現在日本の海ではジェットスキーや水上バイクでさえも、特殊小型船舶免許がなければ操縦することはできないようになっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です