小型船舶免許の教習所

休日の度にモーターボートを走らせて、優雅に海上を満喫するようなライフスタイルは憧れます。マリーナではスタイリッシュなモーターボートが綺麗に並んでおり、自分で操縦する船も同じように並べられたらと夢が膨らむのではないでしょうか。小型船舶免許を取得すれば、24m未満のプレジャーボートや20トン未満のその他の船舶を日本国内で船長として操縦することができます。小型船舶免許は一級と二級があり、一級では条件ありで全ての水域を操縦可能で、二級では海岸から5海里、約9km以内の水域及び平水区域で操縦可能です。

水上バイクは対象外で水上バイクを運転したい場合は、特殊小型船舶免許を取らなければなりません。一級、二級の免許の取得には指定試験機関で国家試験を受験する受験コースと、登録小型船舶教習所で講習を受講する教習コースがあります。登録小型船舶教習所は国土交通省のホームページから確認できます。登録小型船舶教習所は日本国内の各地にあり、学科講習で操縦に必要な知識を深め、実技講習では実際のモーターボートを使用して、船体やエンジンの点検をしたり、船体の係留などを学びます。

学科と実技の受講が終了したら、国家試験と同等の修了試験が行われ合格後に免許が交付されます。講習日程については、各教習所によってスケジュールが設定されています。夏までに取得したいといった目標がある場合は、定員数が限られているため早めに予約することをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です