船舶免許で扱える船の大きさ

船舶免許というのは、正式には小型船舶の免許であると定義されています。大型のタンカーや漁船などはこの免許では扱うことができず、基本的にはレジャーなどを目的として取得する人が多いのが実情です。特殊船舶免許だと水上オートバイを限定で取り扱うようになり、それで二海里までの領域を走らせるという形になります。2級免許などは湖や近海での釣りにモーターボートなどを出すというのが主な用途として想定されていて、同じく船を出せるのが五海里までの海か湖や川などの水平区画のみとされています。

1級免許だと特に限定はなく全ての海域で乗れることになっていますが、ここで気になるのは船の大きさです。1級でも2級でも定義としては20トン以下の船と規定されている以上、やはり基本は小さなものしか動かせないと考えるべきなのでしょうか。実際には小型と言ってもそこまで小さくはないと考えられます。これらの船舶免許では24メートルまでと大きさも定められていますが、これは実際には大型バス二台分となっており、十分過ぎるくらいに大きなスペースを確保できます。

輸送船などの商業目的で使われる船がそれをはるかに超える大きさになっているだけで、ここでいう小型というのは言うほど小さくないというのが現実です。なので、船舶免許を取りたいけれど小型と限定されると不便なのではないかと心配する必要はまったくありません。人が一人乗るくらいの小さなモーターボートしか乗れないという不便はなく、大人数でも問題なく収容できる船を運航させることが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です