船舶免許の身体検査について

船舶免許を取得したいけど、身体検査でどのような検査を行うのか気になる方が多いのではないでしょうか。船舶免許の身体検査では、主に視力や色覚、聴覚などの検査を行います。また疾病や身体機能の障害がないかどうかも確認されます。視力は両目とも0.5以上でなければなりません。

これは矯正していても大丈夫です。さらに視野が150度以上あることも確認されます。色覚の条件は、夜間において船舶の灯火の色が識別できることです。灯火の色が識別できないとすべての人が合格でないわけではありません。

時間帯が制限された船舶免許になってしまいますが、日出から日没までの間において航路標識の彩色を識別できれば、免許が取得できます。聴力は5m以上の距離で話している内容がわかれば大丈夫です。疾病や身体機能の障害を確認する場合は、軽症で小型船舶操縦者の業務に支障をきたさないと認められる場合のみ、免許を取得することができます。身体検査について不安があるのであれば、スクールや教習所に相談してみるのがいいでしょう。

もし身体検査で基準に満たないと認められてしまった場合は、専門医の診断が必要な場合があります。2級小型船舶操縦士の免許を取得しているけど、1級小型船舶操縦士にステップアップしたいと考えているのであれば、2級の身体検査に合格してから1年以内であれば、身体検査を免除することができます。ステップアップしたいと考えているのであれば、1年以内に試験を受けるのがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です