船舶免許のタイプについて

船舶免許はボートや水上オートバイなどを操船するために必要な免許で、自動車免許と同じようにそれぞれタイプが異なっています。特殊小型船舶免許は水上オートバイ(ジェットスキー)を操船するために必要な免許で、海上を航行するための基本的な学びを得ることができる免許です。取得までに2日程度と非常に短期間で済ませられる点がメリットで、満15歳9か月から取得ができるため高校生でも水上オートバイを操船できるようになります。一方で岸から2海里(約3.7キロメートル)以上を航行してはいけません。

また、指定した人数を上回る多人数を乗せての航行も禁じられており、違反をした場合は即免許停止の処置となるため、基本的なルールを学んでいきましょう。2級船舶免許は、取得すれば総トン数20トン未満のボートや船を操船できるようになります。こちらの免許も小型特殊と同じで2日程度で取得できるもので人気があり、また岸から5海里(約9キロメートル)までの航行が可能になるため比較的航行範囲が広いのが魅力です。マリンスポーツのスタッフはほぼこの2級免許を取得しており、沖合でのスポーツを楽しむためには必須の免許と言えるでしょう。

1級船舶免許は総トン数20トン未満という制限は2級と同様ですが、実質航行海域の制限が解除されます。危険海域以外は自由に航行することが可能となっていますが、岸から100海里(約180キロメートル)を超える場合はエンジニアに同行してもらう必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です