船舶免許の取得方法と注意するべき点

エンジン付きのボートに乗ったり、水上バイクを楽しんだりするために必要な船舶免許ですが、国家資格というのをご存知でしょうか。正式には小型船舶操縦士免許と言って、国家試験を受けて取得することになります。もちろん取得の前に、受験準備をしておくことになります。受験勉強は独学でやろうと思えばできますし、スクールの講習を受けるという方法もあります。

ただし試験には実技があり、ボートや水上バイクを実際に操縦するため、独学であっても、実技関連は講習を受けておくといいでしょう。また国土交通省登録の小型船舶教習所で受講を受け、修了試験を受けることもできます。この修了試験は、国家試験の代わりとなります。もちろんその前に、どの免許を取るか決めておくようにしましょう。

ボートを動かすための船舶免許には1級と2級、湖川小出力限定免許があります。1級は海の沖合、2級は沿岸を航行するのに必要です。また湖川小出力限定免許というのは、湖や川などで、小型の船を操縦して釣りをするための免許です。どれを選んだらいいのか迷う人は、まず2級を取っておくと便利です。

ボート以外の免許としては特殊小型船舶免許、いわゆる水上バイク免許があります。水上バイクに乗るには、この免許が不可欠です。他の免許では乗れませんので、まず水上バイクに乗りたいと考えているのであれば、この免許を取るようにしましょう。ただしこれでボートに乗ることはできませんので、その点に注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です