小型船舶免許を取得してヨット日本一周にチャレンジ

ヨットに乗って日本一周旅行をしてみたい、そんな願いを叶えてくれるのが小型船舶免許です。この免許があればいろいろな場所へヨットで出かけることが出来ます。日本一周を目指すなら1級小型船舶免許があった方がいいですが、2級でも殆どのエリアは航行可能です。沖縄県まで目指すのであれば1級が必要となりますので、この点も考慮して免許を選択すると良いでしょう。

小型船舶免許は1級が18歳から、2級が16歳から取得することが出来ます。1級は100海里までの航行が認められており、2級は5海里までです。また、2級の場合は18歳までは5トン未満の船舶に制限されるので注意が必要です。1級2級ともに24m未満20t未満の船舶を対象としており、これに水上バイクは含みません。

よって、水上バイクを運転したいなら1級と2級を持っている人も特殊小型船舶免許を取得する必要があります。小型船舶免許の国家試験は学科と実技で構成されます。学科では船長の心得や海上交通ルールなどが出題され、実技では操縦技術やロープワークなどが試されます。この免許は独学で取得する人もいますが、実技試験があるため教習所に通う人が多いです。

教習所なら実際の船舶を使ってトレーニングが行えるので短期間でも高いスキルが身につきます。また、教習所の中には国家試験が免除になる施設もあるので、この場合は修了試験のみで合否判定を受けることが可能です。独学よりも費用は嵩みますが、教習所を利用すれば高い確率で合格することが出来るでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です