船舶免許を取得する為にはどうすればいいのか

自分で船を操縦できる免許が船舶免許です。観光船や遊覧船みたいな仕事に使用できませんが、スポーツやレジャーと言った楽しむ事に活用できる免許として、海や川などが好きな方が多く取得しています。取得方法は免許なので車と一緒で、スクールに通うか教習所を利用するかが基本です。スクールでは実技と学科を受講して国家試験に臨む形になります。

スクールによっては学科試験合格後に実技講習を受け、修了試験に合格する事で実技試験免除で船舶免許を取得する事も可能です。教習所は車と同じシステムで、学科試験と実技試験がそれぞれ修了考査があり、合格する事で免許取得できます。それ以外には独学と言う選択肢もありますが、独学は学科試験のみ対策可能です。実技は無免許で独学練習はできませんので、それのみスクールなどで実技講習を受ける形となります。

特に教習所が国家試験受験する事無く、所内で完結するので特に選ばれています。船舶免許には一級や二級、特殊など種類が色々あり、それぞれで操縦できるボートの大きさや航行できる海里の範囲が違います。用途に合わせて取得する必要がありますが、水上バイクは特殊船舶免許になります。一級や二級を取得していても水上バイクは操縦する事はできないのが、車の免許と異なる部分です。

操縦試験合格証明書が発行され、その他必要な書類を添えて国土交通省の運輸局などに申請する事で晴れて免許証が交付されます。車と同様に免許証には期限があるので更新し忘れには注意です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です