船舶免許を取得するための試験について

ボートやヨットに乗るための船舶免許を取るには、試験を受けて合格しなければなりません。この試験には2通りあり、そのうちの1つが国家試験です。もう1つは登録小型船舶教習所の修了試験で、これを受けるには教習所で受講する必要があります。また試験には学科試験に加えて実技試験があり、さらに身体検査も行われます。

まず最初に、自分がどの免許を取りたいのかを決めておきましょう。免許には外洋と呼ばれる沖合を航行する1級と、比較的岸に近い沿岸を航行する2級があります。この2級が最も一般的な船舶免許とされています。その他には水上バイクを操縦するための特殊小型船舶免許もあります。

水上バイクは、この免許がないと操縦することができません。自分が希望する免許を選んだら、いよいよ受験準備です。受験は独学でするか、登録小型船舶教習所やボートスクールの講習を受けるかになります。しかしもし独学で勉強する場合も、実技試験に備えて講習を受けておくといいでしょう。

実技試験では実際にボートや水上バイクを操縦することになるからです。既に船舶免許を持っている人が他の免許を取る場合、試験の一部が免除になります。また身体検査では視力や色覚、そして聴力の検査が行われます。それから1級は試験日の先日までに17歳9か月、2級は15歳9か月以上でないと受験することができません。

もし17歳や15歳で試験に合格した場合、免許を持てるのはそれぞれ18歳、16歳になってからとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です