ファクタリングではどう違う?2社間と3社間の比較

subpage01

ファクタリングには3社間と2社間といった2種類の取引の種類があります。

こうした2つの形態があるのですが、比較するとどう違っているのでしょうか。


この点については関連する当事者が異なるということと手数料も大きく異なっているという点が挙げられます。
3社間ファクタリングの場合、売掛債権の発行元とファクタリング会社、そして申込者という3者で取引を行います。そして、その手数料は、買取売掛金額の約1%から5%位と言われています。この手数料は2社間と比較するととてもリーズナブルになっているといえます。

ファクタリングの比較選びをお手伝いします。

それに対して、2社間の場合、ファクタリング会社と申込者の2社で取引が行われます。


そしてその手数料は買取売掛金額の約10%から30%となっており、高い手数料が必要になるということなのです。



こうして手数料だけ見ると3社間の取引の方がお得といえます。

しかし、3社間で取引するとなると、売掛先との協議が必要で、同意を得たうえで契約をするということになるのです。

つまり、取引先に事前に知らせてこのサービスを利用するということが必要とされるということになります。このサービスを利用する側としては資金繰りがたいへんだから売掛債権を資金化したいというところといえますので、高い手数料を支払っても2社間で行いたいという場合は多いのです。



この様にファクタリングは資金繰りを解決する方法として注目されており、2社間と3社間のどちらかを選択する場合には色々と比較して選択されているのです。

ファクタリングの最新考察

subpage02

ファクタリングを使うと未払いになっている売掛債権を現金化ができる、2社間取引を使うと即日現金化や取引先の会社に通達が行われないので、現金化が行われた後も円滑なビジネスを継続できるなどの魅力もあります。売掛債権は受け取る権利を持つお金の総称で、そのままにしておけば数週間後や数カ月後には現金を受け取り、会社の利益に計上ができるお金です。...

NEXT

ファクタリングの意外な真実

subpage03

ファクタリングは少額から利用できる売掛債権の資金化手法で、昨今注目されています。この方法が注目されるようになった理由として挙げられているのが、銀行等からの融資の受け難さであると言われています。...

NEXT

ファクタリングのよく解る情報

subpage04

急ぎとのきは1日も早く資金を用意したいもので、銀行の事業資金融資だと間に合わないケースが少なくないでしょう。銀行は低金利の優良金融機関ですが、低金利に比例して融資には時間がかかると考えてください。...

NEXT

ファクタリングのサポート情報

subpage04

事業を行っていく上で欠かせないのが資金繰りです。資金繰りが正常に行われることで支払いに応じることができますが、資金繰りが悪化すると支払いに応じられなくなり、支払いの遅延や不払いの原因になります。...

NEXT